ネキシウムの画像
胃腸にお悩みを抱えている方にオススメ商品ネキシウム

胃腸にお悩みを抱えている方には、ネキシウムというお薬がおススメです。ネキシウムは従来のものより即効性に優れており、誰にでも効く安定感がありますので試してみてください。

ネキシウムの即効性

ネキシウムは胃潰瘍や逆流性食道炎のために開発された胃酸分泌抑制薬で、2011年に日本で承認された比較的新しいタイプの医薬品です。国内では4番目となるプロトンポンプ阻害薬に分類され、胃粘膜の壁細胞に作用して胃酸の分泌量を強力にコントロールします。胃潰瘍、逆流性食道炎に加え、十二指腸潰瘍や非びらん性胃食道逆流症、さらにヘリコバクター・ピロリ菌の除去補助として用いられています。ネキシウムに即効性があると言われていますが、これはプロトンポンプ阻害薬の中での話で、実際には飲んで直ぐに効果が発現するというわけではありません。プロトンポンプ阻害薬が効果を発揮するには、胃酸で活性化される必要があり、その分だけ時間がかかることになります。胃酸の分泌量をコントロールするので、すでに分泌された胃酸には効果がありませんし、気分の悪さを抑える働きもありません。それでも、服用から36時間ほどすればプロトンポンプに作用して分泌量が強く抑えられるので、胸焼けといった不快感も静まります。また、発現するまでの時間がかかる分だけ効果が持続するようになっており、1日1回の服用で24時間は胃酸の分泌量を抑えることができます。これまでのプロトンポンプ阻害薬より早く効き、安定感や安全性もあるので胃酸分泌抑制薬の中では第一選択薬となっています。ネキシウムは治療薬として優れた効果を発揮しますが、頓服として使用するには向いていません。胸焼けなどで気分が悪くなった時、即効性を期待するのであれば、胃酸による活性化の必要がないH2ブロッカーを利用するのが良いでしょう。当然ながらH2ブロッカーは短時間作用型となっていて、即効性はあるものの、効果が持続することはないので、ネキシウムとの使い分けが重要になります。

ネキシウムの安定感

ネキシウムは国内で4番目に承認されたプロトンポンプ阻害薬で、胃酸の分泌を強力にブロックすることで、胃潰瘍や逆流性食道炎に効果を発揮します。胃酸過多によって胃壁にダメージを受け、胃潰瘍や逆流性食道炎を患うようになりますが、こうした症状を抑えるには即効性のあるH2ブロッカーまたはプロトンポンプ阻害薬が有効です。特に胃酸の分泌に関わるプロトンポンプに直接作用するものは、論理的に考えれば蛇口の栓を閉めることで水が溢れるのを抑えるのと同じように、根本的な治療効果があります。プロトンポンプ阻害薬が開発された当初は、逆流性食道炎の治療が大きく進歩したと言われたほどです。しかし、ネキシウムが登場する以前に使用されていたプロトンポンプ阻害薬は、薬の代謝に個人差があり、病状が抑えられるものの、3人に2人はお腹の不調を訴えたり、胃酸の分泌を抑える働きが上手く機能しなかったりと、効果にばらつきが見られていました。しかし、ネキシウムの有効成分であるエソメプラゾールは、以前のプロトンポンプ阻害薬に使用されていたオメプラゾールの光学異性体で、副作用や効果の見られない部分を改良し、血中への移行性を良くして、血中濃度を高めることができるようになっています。成分の化学式に大きな違いはありませんが、病状を改善する効果や安定感において、大きく改善されたことから、全く違うものと考えて良いでしょう。そのことから、ネキシウムはこれまでのプロトンポンプ阻害薬とは大きく異なり、個人差がなくなることで誰にでも効果が得られる安定感があります。副作用も非常に少なく、頭痛やめまい、下痢といったものが起こると報告されていますが、確率はかなり低く、症状も軽度なものばかりです。

ネキシウムが効く症状

ネキシウムが処方されるのは、胃酸の分泌量が多くなってしまったことが原因で起こる病気の時です。具体的には逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍です。通常、強い酸性の液体である胃液は人間の胃の中だけにとどまって胃の中に入ってきた食べ物の消化を行います。肉や魚などのたんぱく質の消化を行ったり、口から入り込んできた細菌やウイルスの殺菌も行うため胃液は強酸性の性質を持っています。胃は胃液によって溶けてしまわないように粘膜によって保護されているのですが、ストレスなどの理由によって胃の保護機能が低下してしまうと胃に潰瘍ができてしまいます。これが胃潰瘍で、その症状が十二指腸に出来た場合が十二指腸潰瘍と呼ばれます。また、胃の上部にある下部食道括約筋の働きが加齢などで弱まったり、猫背になったりベルトでウエストを締め付けるなど胃を圧迫してしまったり、食べ過ぎ飲み過ぎで胃の許容量を超えて胃に食べ物を入れてしまった場合には胃液が食道に逆流してしまい、粘膜による保護がされていない食道に炎症が起こってしまいます。これらの胃液が原因で消化器官に様々な症状が出た場合に、このネキシウムで胃の悩みを解決し症状を改善していきます。ネキシウムは胃液を分泌する気管であるプロトンポンプに直接作用して胃液の分泌量を減らすことができるので、即効性が期待できると言われています。
また、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因の一つと言われているピロリ菌の殺菌の際にもネキシウムが処方されることがあります。胃に住み着いているピロリ菌を殺菌するために抗生物質を服用するのですが、その際に胃酸の分泌量を減らすことで抗生物質の効きが良くなるため一緒に処方されることがあります。

▲ TOPへ戻る